XAMPP for Linux (LAMPP) and Subversion (svn) Initial

▼ユーザの作成

「[user名]」ユーザを作成
-----
useradd -m -u [userID] -G [Group名] [user名]
-----

「[user名]」ユーザにパスワードを設定
-----
passwd [user名]
-----


▼ホスト名の設定

「/etc/sysconfig/network」に以下を記述
-----
NETWORKING=yes
HOSTNAME=[ホスト名]
-----

「/etc/hosts」に自身のホスト名を記述
-----
127.0.0.1 [ホスト名].localdomain [ホスト名]
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
-----

※ 「::1 localhost6.localdomain6 localhost6」は要らなければ消す。
※ 「[ホスト名].localdomain」を書かないとsendmailの起動が遅くなる。


▼ネットワークの設定

VMware Guestでネットワーク構成にNATを選択している場合は
  dhcpのままにする。

「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethX(XはVICの連番)」に以下を記述
-----
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
#BOOTPROTO=dhcp
BROADCAST=172.16.0.255
IPADDR=172.16.0.XX
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=172.16.0.0
#HWADDR=[default](←問題が無ければコメントアウト)
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
-----


▼言語の設定

「/etc/sysconfig/i18n」に以下を記述
-----
LANG="en_US.UTF-8"
SUPPORTED="en_US.UTF-8:en_US:us:ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
-----


▼NTPの設定

※ Mware HostがWindowsなら、
  W32Time(Windows Time)サービスが起動していれば、
  HostをNTPサーバとして指定できる。
  Windows ファイアウォールの例外で「UDP:123」を許可しておく必要アリ。

以下のコマンドを実行
-----
ntpdate [NTPサーバのIPアドレス]
-----

「/etc/ntp.conf」の最後の行に以下を追加
-----
server [NTPサーバのIPアドレス]
-----

ntpdの起動設定
-----
chkconfig ntpd on
service ntpd start
-----


SSHの設定

※ セキュリティ的にrootでのログインは拒否する設定にしておく。

「/etc/ssh/sshd_config」に以下を記述
-----
PermitRootLogin no
-----


▼「XAMPP for Linux」のダウンロード

自身のソースディレクトリを作成
-----
cd ~
mkdir src
cd src
-----

「XAMPP for Linux」のダウンロード
-----
wget http://www.apachefriends.org/download.php?xampp-linux-1.6.8a.tar.gz
-----


▼「XAMPP for Linux」の設定

※ 詳細は「http://www.apachefriends.org/jp/xampp-linux.html」を参照。

rootユーザでログイン
-----
su
-----

ダウンロードしたファイルを「/opt」に展開
-----
tar xvfz xampp-linux-1.x.x.tar.gz -C /opt
-----
※ 「/opt」に展開するのが作法らしい。

「/opt/lampp/etc/php.ini」に以下を記述
-----
memory_limit = 64M
-----
PHPの使用可能メモリ量を増やす。

XAMPPの起動
-----
/opt/lampp/lampp start
-----

XAMPPの自動起動を設定
-----
ln -s /opt/lampp/lampp /etc/init.d/
chkconfig --add lampp
-----

ホームディレクトリからシンボリックリンクを設定
-----
exit
cd ~
ln -s /opt/lampp/ xampp-linux
-----


svnの設定

subversion」をインストール
-----
su
yum install subversion
-----

必要物のチェックアウト
-----
mkdir /home/apache
mkdir /home/apache/htdocs
mkdir /home/apache/htdocs/xxx
svn checkout http://svn/xxx/trunk /home/apache/htdocs/xxx
chown -R nobody:nobody /home/apache
-----

ホームディレクトリからシンボリックリンクを設定
-----
exit
cd ~
ln -s /home/apache/htdocs/ htdocs
-----


▼sudoの設定

「/etc/sudoers」の編集
-----
su
visudo
-----

以下を記述
-----
[user名] ALL=(ALL) NOPASSWD:/bin/vi,NOPASSWD:/bin/ls
[user名] ALL=(ALL) NOPASSWD:/bin/chmod,NOPASSWD:/bin/chown
[user名] ALL=(ALL) NOPASSWD:/opt/lampp/lampp
-----


▼パス・エイリアスの追加

「~/.bash_profile」に以下を追加
-----
PATH=$PATH:/sbin:/usr/sbin
PATH=$PATH:/opt/lampp/bin

alias vi='sudo vi'
alias ls='sudo /bin/ls'
alias chmod='sudo /bin/chmod'
alias chown='sudo /bin/chown'
alias lampp='sudo /opt/lampp/lampp'
-----